猫も杓子も

アイドルマスターの妄想ブログ

やっぱり爆笑エブリデイなんだよなぁW

この記事はやきゅべんと Advent Calender 2017の11日目の記事になります。

adventar.org

様々なアイマスPが集まり各々の得意分野や好きなことをリレー形式に書いていくイベントで、昨日はDJ配信のあれこれをお話してくださって自分は触れたことのない文化だったので楽しく読ませて頂きました。

 

 

さて、今回僕が書く記事の本題に行く前にシンデレラガールズ代表的なPaユニットと言われて何を思い浮かべますか?

 

 

サンセットノスタルジー

ポジティブパッション

 

 

いいえ。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり

「爆笑エブリデイ」

なんだよなぁW

f:id:OtamaP:20171208162050j:plain
f:id:OtamaP:20171208162047j:plain
f:id:OtamaP:20171208162832j:plain
f:id:OtamaP:20171208162825j:plain

 

今回はどうして僕が彼女らの担当をすることになったのか、そういったお話をしたいと思います。

 

爆笑エブリデイって何?って人に説明をするとPaアイドル難波笑美上田鈴帆の2名によるデュオユニットです。

彼女らはアイドルよりかは芸人に近いバラドルという位置にいます。

2人共人を笑顔にさせる事を大事にしており、常に笑いを取ろうとします。

 

 

というわけでユニットの概要は理解していただけたはずなので次は爆笑エブリデイの歴史についてお話します。

 

初めての共演はハロウィンパーティー

2012年9月30日に登場したRカードで彼女たちは出会いました。

当時はお互いに代表的なユニットもなく、同じ志を持った彼女たちは意気投合。

その次に大々的に2人揃って活動したのはシンデレラガールズ劇場第308話(2014年5月26日) 、「ロシアンたこ焼き対決ゥ!」

そして2015年1月9日、第9回アイドルLIVEロワイヤルにて初めてユニットとして活動を開始。

新春!初笑いというユニットで正月に合わせて季節ユニットとして出ました。

そして同年3月、彼女らは「笑美と鈴帆の爆笑エブリデイ」として新春以外でも使えるユニット名に改名、シンデレラガールズ屈指の最強Paユニットとしてデビューしました。

やっぱり爆笑エブリデイなんだよなぁW

そしてアニメアイドルマスターシンデレラガールズ2期16話にて2人同時に声がつきます。 

実は1期にて女子寮の背景で2人が一緒に食べているシーンがあったのですがその時点では喋らず、急な声帯実装に頭が追いつきませんでした。

そして2016年7月31日、デレステにて堀裕子、日野茜川島瑞樹の5人でサマカニを歌いついに曲も獲得。

 

以上が爆笑エブリデイのいままでの大まかな活動の流れです。

この名前になったのが最近ということでなかなか驚かれた方もいるのではないでしょうか?

 

 

さて、ここからは自分語りになりますがどうして数いるシンデレラガールズの中でもこの2人が大好きなのか、それをお話します。

 

最初に彼女ら2人を知ったのはハロウィンパーティーガチャでした。

そのときは衣装がクレイジーだったこともあり面白いアイドルがいるんだなぁ、程度の認識で担当をするとは思ってもいませんでした。

が、このカードを引いた瞬間に変わりました。

f:id:OtamaP:20171211065358j:plain
f:id:OtamaP:20170822013711j:plain
[浪速の派手娘]難波笑美

恋をしましたね、あの瞬間。

僕の中の難波笑美みたいな変な衣装か仮装をしている女の子という印象だったのでこんな素敵な笑顔もできるのかと感動しました。

そして彼女のことを調べているうちにえみすずほという組み合わせがあるということを知りどんどん沼にハマっていきました。

 

これが出会いなわけですがどうして上田も担当なのか?そう思う方もいるかもしれません。

理由は簡単で難波も上田も人を笑顔にするのが好きなアイドルなんです。

そして自分も人に笑ってもらうのが好きなんです。

同じ感性というか共通点があったのでとても好感を持ちやすかったんです。

上田を知るきっかけをくれた難波には感謝してもしきれないですね。

 

そしてクソダサ私服シリーズ

f:id:OtamaP:20171211054048j:plain
f:id:OtamaP:20171211054024j:plain
f:id:OtamaP:20171211054029j:plain
f:id:OtamaP:20171211054015j:plain
f:id:OtamaP:20171211054019j:plain
f:id:OtamaP:20171211054040j:plain

f:id:OtamaP:20171211054057j:plain

こういう服大好きなんですよ、僕。

市販していれば買うぐらいには好きです。

自分は夏場は基本的にアロハシャツしか着ないぐらいには変な服が好きです。

特に上田が着ているRain Frog、これめちゃくちゃ欲しい。

 

 

最後に爆笑エブリデイを語る上で一番重要なことをお話します。

 

新春! 初笑い
出現時 笑美「新春! 笑美チャンネル! 今日もおもろいアイドルどんどん紹介するで!」
鈴帆「さぁ、笑美しゃん! はやくウチを紹介してくんしゃい!」
LIVE開始時 笑美「って、デカ!」
鈴帆「みんなを見下ろすと!」
勝利 笑美「いやぁ、縁起のいいもん見れたわぁ。じゃあ次いってみよ!」
鈴帆「ちょっと笑美しゃん!? ウチはステージに降りずに終わると!?」
引き分け 鈴帆「ところでウチはいつまでここにいればいいと? そろそろ…」
笑美「さっ、ということでLIVEはまだまだ続くで~! 盛り上がってや!」
敗北

笑美「流石に上空じゃ鈴帆っちとのコンビネーションが難しかったなぁ」
鈴帆「お笑い道は日々勉強ばい。また次がんばると! 今年も宜しく!」

やっぱり新春!初笑いなんだよなぁW

2人の掛け合いです。

この二人のやりとりやばない?もうね、尊み秀吉ですよWマジで。

ハロウィンパーティーでも難波と上田はお互いにどちらが面白いかで競い合ったりしていましたが、基本的にお互いを高め合う会話が多いんです。

爆笑エブリデイの歴史を話した際にロシアンたこ焼きの回があることも軽く触れました。

あの回もですね、お互いにバラドルらしい会話をしています。

読んでいたらければわかるのですがあれ完全に芸人のノリですね、はい。

また、爆笑エブリデイの2人のみが出る劇場はもう1つ(第573話)ありそちらもぜひ読んでみてください。

 

 

 

さて今回のブログで爆笑エブリデイとどのように出会ったかをお話しました。

書きながら尊い、やばい、神、と語彙力を失いながら書いたので中身スッカスカになった気がします。

 

明後日には冬CDが出ます。

それには難波笑美が歌う冬空プレシャスが入っています。

季節曲では残念ながら同じ曲を歌うことは叶いませんでした。

今後はそのようにデレステでも別々に活動していくのかもしれません。

それでも彼女たちは常に高め合う存在であり続けますし、全世界を笑いという形の笑顔で包み込むことを目指して活動していくはずです。

いつか、デレステで2人のユニット曲が出ることを信じて最後はこの言葉で締めたいと思います。

 

 

やっぱり

「爆笑エブリデイ」

なんだよなぁW

 

オタマ

Tulip騒動で思うこと

お久しぶりです、オタマです。

ツイッターのアカウントが冬に入る前に凍ってしまい越冬ができないカエルの子供になってしまいました。

 

 

そんなことは置いておいて今回はタイトルにもある通り総選挙CDに入るTulipカバーで現在TLが荒れているのでお話します。

 


まずは今回の騒動に至った流れを説明します。

 

第6回シンデレラガール総選挙と並行して楽曲総選挙と言うものがデレステにて行われました。 

f:id:OtamaP:20171209091145j:plain
f:id:OtamaP:20171209091100j:plain
左がモバマス、右がデレステにて行われた総選挙バナー

双方ともに4月10日から5月9日までと日程が同じで互いに連動した企画になっていました。

シンデレラガールズ総選挙とは違い楽曲総選挙は課金やイベントで投票券を入手するわけではなく1日に2票(シンデレラマスター等のソロ曲に1票複数人で構成されるユニット曲や全体曲と呼ばれるものに1票)投票可能でした。

 

最終的には楽曲総選挙ソロ部門からはこいかぜユニット部門からはTulipが1位に輝き曲は楽曲総選挙は終わりました。

またシンデレラガール総選挙は各属性上位がCu佐久間まゆPa本田未央、Co高垣楓で終わります。

 

こいかぜは高垣楓によるセルフカバーTulipは佐久間まゆ本田未央高垣楓によって歌われることになったのです。

 

流れだけを見ると荒れる原因がわからないという人もいるでしょう。

というわけでここからはどうして荒れることになったのか、それをお話したいと思います。

 

 

この1連の流れの始まりは楽曲総選挙が発表された時です。

自分を含め一部のPは不満を言っていました。

 

f:id:OtamaP:20171209092246j:plain

 

これです。

シンデレラガール総選挙1位のアイドルがソロ曲にて選ばれた曲をカバー、各属性1位がユニット曲をカバー、これは荒れる(確信)というか結局荒れましたね。

 

誰が歌うかも決まっていないのに歌わせる曲を決める、これっておかしいですよね?

例えばですよ、Pandemic Alone by 櫻井桃華なんてありえますか?

櫻井桃華という大人の女性、尚且つお淑やかで上品を特徴としているアイドルにそれを歌わせるのか?

個人的な話ですがあり得ないことを妄想するのが趣味なのでこれに関しては否定しません、が公式がやるのと個人がやるのでは違うんです。

もっと極端な例を出すと大沼くるみがシンデレラガール総選挙1位取りました、シンデレラマスターでソロ曲出す前に彼女には熱血乙女Aをカバーしてもらいます!!

といったことが起こりうるシンデレラガールズ今後を大きく変えてしまうかもしれない大きな影響力をもったものだったんです。

 

何よりも重要なのはシンデレラガールズのソロ曲の重さなんです。

総選挙を勝ち抜いて、他のアイドルよりも票を獲得してやっと貰えるものなんです。

シンデレラマスターでいきなりCDデビュー声つきます!でデビューしたアイドルはそれなりの数います。

ですがソロ曲というものの後ろには他のアイドル180人以上いるアイドルの中で選ばれた、強く言えば他の子は選ばれなかったとも言えるんですよ。

そういったアイドルとして新たな一歩を踏み出したアイドルにとっては何よりも重要なものになんです。

 

また、今回の騒動で765AS等のカバーが例に出されていました。

ですが考えてみてください?アケマスの頃からカバーという概念あったじゃないですか?またこの曲はこの子以外には歌えない、歌詞が意味をなさない、という曲はないです。

逆に言えばシンデレラのソロ曲はそのアイドル専用の曲なんですよ。

 

というわけでソロ曲部門には僕は投票しませんでした。

 

 

ユニット部門に関しては僕はTulipだろうなぁと傍観していました。

あの曲の圧倒的な人気が手に取るように分かっていたので結果が出たときもやっぱりなとしか言えませんでしたしそれに関してとやかく言うつもりもないです。

が、2位のYes Party Time、これに関しては不満がありました。

というかこの企画開始してからしばらくしてからなんだか怪しくなったと言いますか、ソロ部門1位のこいかぜもそうですがデレステにないから投票した、という意見が多数あったんです。

デレステに実装するとは明言されてませんでしたしなぜそういう理論に様々な人が至ったのか僕は理解できません。

好きだから投票しよう、今回はこのアイドルがシンデレラガール総選挙で上位に食い込みそうだからこの曲が良い、という意見が半数以下だったような印象があります。

 

 

そしてTulipの楽曲試聴がつい先日公開されました。

ここで再び文句を言う人間が出たのに正直驚きを隠せません。

色々と調べた結果今回の騒動はツイッターらしいというか大きくなりすぎただけで実際は小さな出来事だったとわかったのでそれを説明します。

 

あるTulipのメンバー担当Pが今回のカバーを聞いてオリメン以外あり得ないと発言しました。

それは僕も同意です、がカバーしたアイドルをディスったみたいなんですね、アイドルディスは一番やってはいけないことなので叩かれてもしょうが無いです。

今回はそのツイートをしたPを叩く人がどんどん増えていき伝言ゲームでよくある話が膨らんで最後は全く違う話になるやつになったみたいで、というのも僕が最初に見た今回の騒動関連がオリメン過激派が楽曲総選挙を知らずにTulipカバーを叩いた、というものだったんです。

 

 

 

あまりネガティブな記事は書きたくないのですが今回は自分の気持の整理も兼ねて書きましたがどうだったでしょうか?

また近々ブログを上げるのでよろしくお願いします。

 

たこ焼きにマヨネーズ

はい、タイトルにもある通り今回はたこ焼きにマヨネーズの話です。

アイマス関係無いじゃんと思うでしょう?

こちらをごらんください。

 

f:id:OtamaP:20170821232107j:plain

 

大阪出身のスーパーアイドル、難波笑美の初期カードです。

口元に運んでいるたこ焼きと左手に持っている器にご注目下さい。

マヨネーズかかってないですよね?

 

というわけで今回は難波笑美がたこ焼きにマヨネーズかけない可能性を探っていきたいと思います。

 

さて、R難波笑美のたこ焼きにマヨネーズがかかっていないことは理解していただけたと思うのですが、続けてこちらの劇場を見て下さい。

 

f:id:OtamaP:20170822012727j:plain

 

そう、マヨネーズがかかっていないのです。

これは爆笑エブリデイの相方である上田鈴帆のことを考えてマヨネーズを抜いている可能性もありますが、屋台で注文した際にマヨネーズ無しをオーダーしているのは確実です。

 

そして決定的になるカードがこちら。

 

f:id:OtamaP:20170822013051j:plain

 

つい先日実装された難波笑美SSRです。

可愛い!!!衣装も最高のデザインですし、なにより難波笑美の今までのカードのデザインが色々組み込まれたモデルでした。またSSA公演の課金馬車では宮城公演では無かった衣装ということもあり、様々な方の目に彼女の晴れ姿が写ったので大満足でした。

 

本題に戻しましょう。

この絵柄、左から青のり、たこ焼きのもと、たこ焼き器を挟んでタコが入っていたであろうボウルとタコ入りボウルがあります。

問題はタコ入りボウルの後ろにある2つの入れ物です。赤いキャップはソースですが、そのヨコの黄色いキャップの容器。これはマヨネーズでしょう。

あれ?難波笑美マヨネーズかけないんじゃないの?と思いますよね?

事実、堀裕子の皿に乗っているたこ焼きにはマヨネーズが乗っていますしおかしいと思うかもしえません。

 

このカードのコミュを見てみましょう。

 

f:id:OtamaP:20170822013444p:plain

 

そう、彼女自身たこ焼きにマヨネーズをかけると言った発言や意思は見られないのです。

つまり彼女本人はたこ焼きにマヨネーズ派ではないのですが、友人のことを考え準備したといえます。

彼女は女子力が高いという一面もあるので納得できますね。

 

最後に個人的な考えになるのですが、1つ言いたいことがあります。

難波笑美はタコの装飾品を多数所持しています。

髪留めだけではなくネックレスや、バッジ等もありますね。

 

f:id:OtamaP:20170822013630j:plain

f:id:OtamaP:20170822013711j:plain

 

これは純粋にタコが可愛いから好きという取り方もできるのですが、もしかしたら味も好きなのではないでしょうか?

そうなるとたこ焼きにかける調味料を少しでも減らすことによりタコの味を楽しもうとしていると考えることもできます。

 

ということで難波笑美は女子力が高い、最高に可愛いたこ焼きにマヨネーズをかけないアイドルということを理解していただけたかと思います。

 

 

最後に

 

f:id:OtamaP:20170822014554p:plain

 

彼女を自称大阪の星ではなく本物の星にするために皆さん、彼女をよろしくお願いします。

冴島清美はウチナンチュー

冴島清美をご存知ですか?

 

f:id:OtamaP:20170821022121j:plain

f:id:OtamaP:20170821022125j:plain

f:id:OtamaP:20170821022130j:plain

 

はい、デレステでもキャラバンの報酬として出てましたね。

画像やMVのモデルと見るとすっごい可愛い、THEアイドルと言った感じですが実はそれだけではないんです。

 

テキストを見た方はわかっているとは思いますがこの子、ヤバイやつです。

ヘレンさんといい勝負ができるぐらいにはヤバイです。

ということで今回は冴島清美がいかにPa溢れるクレイジーなアイドルかについてお話していきます。 

 

まずは彼女のプロフィールについてお話をします。

f:id:OtamaP:20170821034148p:plain

身長は153cm。同い年の前川みくより1cm大きいです。小さいイメージですが身長はそこそこあるのは意外ですね。

年齢は15歳で五十嵐響子渋谷凛本田未央と同い年です。

出身は沖縄。彼女の口からウチナーグチを聞いたことは無いですがいつか聞きたいですね。

趣味は掃除と整理整頓。まぁこの2つは普通ですよね?家庭的なアイドル、五十嵐響子の趣味と少し似ていたりします。

そして✝腕章作り✝

これ、そのまんま腕章づくりが趣味なんです。腕章のお話は後でしますがここでヤバそうな気配を感じていただければOKです。

 

さて、本題は彼女がどのようなアイドルかで明らかになります。

f:id:OtamaP:20170821023133p:plain

自称風紀委員です。

まぁ自称風紀委員だけであれば問題ないのですが彼女のこの見た目、これいわゆるコスプレになるんですね。

セリフに「あ、メガネは伊達です。形からです。」があるのと形から入ることが重要というようなセリフが多々あることから見て取れます。

 

そして彼女のヤバさに拍車をかけている大事な部分があります。それは趣味の腕章作り。

f:id:OtamaP:20170821032215j:plain

基本は超☆風紀を特訓前につけて、特訓後は超☆アイドルになります。たまに超☆腕章が超☆タスキになったり超☆ストラップになります。

バレンタインでは超☆甘党になったりしてますね。

これが全て手作り、彼女の情熱が伝わってきます

 

 また劇場でも彼女は輝いています。

f:id:OtamaP:20170821034436j:plain

安斎都さんもなかなかにヤバいやつなのでこの2人のお話も今度書きたいですね〜。

 

さて、彼女がどれだけのポテンシャルがあるかお分かりいただけたと思いますが、彼女はああ見えてしっかりしています。

彼女が信じる風紀への思いは本物ですし、芯がある行動と言動も多く見られます。

例えばバレンタインイベントでは風紀を乱しかねないそのイベントに参加し、はしゃぎながらも風紀を守るという役目を果たしました。

 

ただの風紀委員じゃない、超☆風紀委員の冴島清美の魅力が伝わったでしょうか?

冴島清美のSSRでどんな腕章が新たに生まれるのか、デレステをプレイしている方は楽しみに待ってて下さい。

またモバマスをプレイしているPの方々はトレードで買えるカードがいくつかあるのでよろしければ彼女のセリフを読んでみて下さい。

 

それではまた、次のクソブログで。

堀裕子はお行儀が悪い(短め)

難波笑美SSRがついに!ついに追加されました!!!

 

f:id:OtamaP:20170811013150j:plain

 

いやー嬉しい嬉しい。

宮城公演の課金馬車で精神にダメージを負ってから辛すぎてガチャ更新のたびに難波笑美はどこ?とつぶやくbotになったりセミになったりしましたがSSAまでに間に合って大満足です。

まぁ欲を言えば上田鈴帆も出てほしかったですね。爆笑エブリデイに出番をもっとくれ、、、

 

さて、本題に戻りましょう。

今回は堀裕子さんのお話なんですが今回の難波笑美のカードを見たときに思った感想になります。

 

f:id:OtamaP:20170811013448p:plain

まずは彼女の持ってるお皿にご注目下さい。

これ、たこ焼き食べかけですよね。

普通1口で行くものだと思うんですよ。

食べてる道具が先割れスプーンなので切って食べてる可能性もありますが、それにしてもこの食べ方はどうなんでしょうかね。

ましてや作ってるのは大阪出身の難波笑美です、爪楊枝や串は持ってきているはずなので色々おかしいですね。

 

f:id:OtamaP:20170811013457p:plain

次は彼女の口元です。

大原みちるの歯並びが悪い説でも似たような話をしましたが、口元にこれだけ食べかすがついているのはどういうことなんでしょうか?

そう、お行儀が悪いんですね。

 

さて、物販待機列で思いついたクソみたいなネタでしたがいかがでしたでしょうか?

あいにくの天気ですが明日、明後日はSSA本番です。

楽しみましょうね!

 

ボツネタ:五十嵐響子はメシマズアイドル?

こんにちは!五十嵐響子、15歳ですっ!掃除に洗濯、お料理も、家事ならなんでも任せてくださいっ!えぇっ?アイドルですか?で、できるかわかんないですけど、頑張ります!

 

本日8月10日は!

あのCu代表と言っても過言ではない可愛さを持つ!!

五十嵐響子の誕生日です!!!!

 

f:id:OtamaP:20170810020231j:plain

 

趣味は家事全般でお料理が得意、でも絵心はちょっと残念な15歳の女の子。

そんな五十嵐響子ちゃんですがもしメシマズだったら!?というお話になります

 

さっそくですが彼女のカードについてお話しましょう。

先程貼ったデレステSSRもそうですが彼女のカードの3割には何かしらの料理が写っています。

 

例えば[スイートクリスマス]五十嵐響子ではケーキをあーんしてくれてますね。(kawaii)

f:id:OtamaP:20170810021006j:plain

 

 [ジューンブライド]五十嵐響子では例のオムライスを持ってます

f:id:OtamaP:20170810031627j:plain

 

 

これだけカードに料理が写っているのにメシマズってどういうことなの?と思うでしょう。

 

結論から言えば彼女自身が料理を得意だと思いこんでいるが周りは言い出せず、結果趣味が家事全般が故に手料理も美味しいアイドルとしてデビューしてしまったという可能性を思いついたと言った感じです。

 

しかしこの説には大きな矛盾があります。

これです↓↓↓

f:id:OtamaP:20170810025325p:plain

 こちらはデレステの恒常SSRのコミュになります。

 

なんてこった!アイドルが食べて美味しいって言ってるじゃないか!?

 

ですが、これアイドルが食べてる描写が無いんですよ。

彼女の手料理をアイドルやPが直接口に運んでいるような絵やセリフは無いんです。

このコミュ以外にも例えばシンデレラガールズ劇場では彼女が料理を作った描写はありますがそれをアイドルが口にして感想を言っている場面はないですし、ドラマCDでは味噌汁を口にする前にこぼしてしまっています。

 

これらのことから彼女は自分が作る料理が美味しいと思いこんでいる可能性がかなり強くなってきます。

 

というわけで彼女がメシマズである可能性がお分かりいただけたでしょうか?

たとえメシマズでも僕は彼女のことをプロデュースし続けますし可愛さは変わらないんですけど、やはり新たな可能性をか投げるのは楽しいですね。

 

 

さて、最後にこの記事が没になった理由ですがこちらになります

f:id:OtamaP:20170810031346j:plain

 

41話のコミュの一部ですが、ここまで具体的にどの料理が美味しいと言われてしまうとメシマズの可能性は消えますね。

これを見つけたときはこの案が没になると思うととても悔しかったですね。

まぁ彼女の料理の腕前は良いと言うこともはっきりしましたし、可愛いという結論は変わらないので満足です。

 

最後に、お誕生日おめでとう!SSAで会おうね!!

イチゴパスタとお好み焼き

うちはアイドルなんてチャラチャラしたもん、興味ないんじゃ。でも親父がどうしてもゆうけぇ、ちっとばかし顔立てたるだけじゃけん。うちがノリ気とか、勘違いせんでくれよ! ええな!

 

ということでやってまいりました広島!

 

f:id:OtamaP:20170729081259j:image

 

今回は福岡公演現地参加なのでついでに広島によって村上巴と同じ空気を吸ってます。

いや~これが広島の空気、美味しいです!(気のせい)

 

 

では、早速ですが村上巴のお話をしましょう。

f:id:OtamaP:20170728042617j:plain

真っ赤な髪の毛が特徴の13歳の女の子。

口調は広島弁らしいですが、私は東京生まれのインド育ちなのであれを見てもおじいちゃんが喋っているようにしか見えないです()

 

そんな彼女ですが実家はいわゆるヤクザと呼ばれるような家庭です。

セリフに出てくる「黒くない車の窓」や頻繁に出てくる「うちの若いの、若い衆」や「ケジメ」といった単語などから見て取れますね。

また、つい先日デレステに追加されたSSR村上巴の特訓前はその若いもんが集まっている絵柄でした。

 

そんな彼女ですが年相応な一面もあります。

f:id:OtamaP:20170728044253j:plain

この[紅染まる情景]村上巴というカードから彼女の表情が豊かになったのがその1つです。

今までは凛々しい、かっこいいといった印象だった彼女がこのカード以降違った表情を見せ始めたんですね。

 

例えばモバマスの最新カードの[義理と愛情]村上巴は人情ではなくて愛情という単語が入ったカード名なんです。

この時点で変わったことが少し見えるのですが、そのカードの1つ前のイベント報酬の表情もまたいつもと違います。

こちらです。

f:id:OtamaP:20170728051015j:plain

f:id:OtamaP:20170728051022j:plain

このカードの特訓後、見た目でも楽しんでいるのが分かるのですがアイドルコメントを見るとやまびこで遊んではしゃいでいるんですよこの子。

あの律儀な口調を使っていたあの村上巴がですよ?

 

さて、そんな彼女ですが第6回シンデレラガール総選挙にてCV追加が決定しました。

最近徐々に頭角を現し始めた可愛い路線の可能性が、楽曲やドラマパートでピックアップされると良いですね~。

もしかしたら福岡公演でしゃべったり・・・なんてことも?

 

それではこれからオフ会なので今回はこのへんで。

次の更新は福岡の感想を予定しています。

ネタが溜まっていく一方なのでどんどん書いていかないと・・・・・